医療風景

腫れる事もある美容整形の脂肪吸引

どうしても美容整形の脂肪吸引を受けた後すぐは、腫れが残ってしまう事もあります。美容整形の脂肪吸引を受けても、きれいになるのはダウンタイムが終わってからという事になります。

美容整形の脂肪吸引を受けるのであれば、出かける予定などの直前に行うのではなくて、やはり逆算して余裕を持って受ける事が大事になって来ると思われます。

美容整形の脂肪吸引を受けて夏までにきれいになりたいと考える人は多いみたいですが、自分の好きな時期に手術を受ける事ができます。また、たくさんの患者がいるクリニックであれば、美容整形の脂肪吸引を受けるまでに待ち時間が発生してしまうという事もあるかもしれません。

脂肪吸引を行う際の不安

綺麗なスタイルをいち早く手に入れたいという思いで多くの女性が脂肪吸引を試みる方が増えています。

脂肪吸引は脂肪を取り除いた部分には2度と脂肪が付かないため、半永久的に細いスタイルを維持できます。しかし、不安を抱く方も多く、手術が失敗してスタイルが悪くなったらどうしよう、また後遺症で傷がのこってしまったらという不安も多く抱くと考えられます。

医師に従って適切に脂肪吸引後のアフターケアをしっかり行なうことでトラブルが発生することは防ぐことは十分に可能になります。生涯綺麗でいるためにも自らのケアを怠らない事が大切になります。

脂肪吸引による豊胸のリスクとは

脂肪吸引による豊胸は胸の柔らかさが自然で他人に気づかれにくいメリットはありますが、希望のバストの大きさにならないこともあり、希望していたバストサイズよりも大きくなることもあれば、小さくなることもあります。

また、脂肪吸引のリスクとして稀に豊胸手術の合併症として、胸にしこりができることがあり、脂肪と血管がうまく接続できないことにより、脂肪に血行できないと、脂肪は異物として脂肪の周りに被膜が作られてしこりとして分かるようになります。皮膚から浅い部分にしこりができた場合は、注射器で取り除くことが可能ですが、深い部分やしこりが多くできてしまった場合、取り除けないこともあります。

美容外科でふくらはぎの脂肪吸引を行う際の注意点

東京や大阪など大都市を中心に存在する美容外科では、脂肪吸引の施術を受けることができます。脂肪吸引とは、皮膚のごくわずかな部分を切開してそこから細い専用の管を挿入し、余分な脂肪を吸い取ることですっきりとしたラインを作る手術です。

通常のダイエットでは体重を落とすことはできても、気になる部位は細くならなかったり、逆に胸など脂肪が減ってほしくない部分が痩せてしまったりします。不要な部分の脂肪を吸引してその脂肪を胸に注入することで、部分痩せと豊胸を一度に実現することも可能です。一般的に、腹部や太ももなど広くて脂肪がたくさんついている部位からはたくさん脂肪を吸引でき、ふくらはぎや顔など狭い部位からはたくさんの脂肪を吸引するのは難しいです。

せっかく脂肪を吸引するからには、できる限り大量の脂肪を除去したいと考えがちですが、ふくらはぎを美しく見せるにはある程度の脂肪を残すことが必要なのです。脂肪を必要以上に除去しすぎると、筋肉の目立つごつごつとした足や血管の浮き出る不健康な足になってしまい、美しさを目的として行う美容整形の結果としては本末転倒です。完成したときの美しいラインを考えてバランスよく脂肪を除去するのが、脂肪吸引の成功の秘訣です。

やはり食生活は正したい美容整形の脂肪吸引

ダイエットにことごとく失敗している人におすすめなのが、美容整形の脂肪吸引です。部分痩身が可能で、特に気になる顔や太ももなど集中的に脂肪を落とすことが可能です。

外から分かりづらい場所から数ミリのカニューレを挿入し、皮下脂肪をみるみる吸いとっていきます。そのため速効性があり、あれほど長く苦労したダイエットが嘘のように感じられるかもしれませのですが取れる脂肪は皮下脂肪のみで、内脂肪は抱えたままですから、やはり日々の食生活には気をつけなければいけません。脂肪が落とせた分、体も軽くなり日々の活動も活発になれば、自然とダイエットにもつながるものです。

脂肪吸引・豊胸についてのコラム

当サイト「医師転職で働き方を選ぶ」へのお問い合わせはこちらから。医師募集や医師求人をあつめた医師転職サービスを利用する人も多い現代で、就職する際に知っておきたい内容などをまとめました。美容外科で行っている脂肪吸引や豊胸といった美容整形についてもご紹介しています。