医療風景

実用サイト3

脂肪吸引と生活への影響

手術を受けてきれいになる事ができるというのはいいが、脂肪吸引を受けた後の生活への影響が気になるという人もいるかと思います。脂肪吸引を受けると、ダウンタイムが発生する可能性もあります。また、脂肪吸引を受けた後はできるだけゆったりと過ごす様に時間を設けている人が多いみたいですね。

脂肪吸引はダウンタイムが発生する事もありますが、最新の手術においては、次の日から仕事ができる手術もあります。仕事をしている人は休む事ができない場合が多いかと思いますが、脂肪吸引を受けても生活への影響が少ないのであれば、ちょっとした休みがあるタイミングを利用して手術を受けるのもいいかもしれません。

脂肪吸引後の圧迫はとても大切

脂肪吸引を行なった際の術後のケアはとても大切です。施術直後は患部で内出血が起きているので、患部をしっかり圧迫することにより内出血の量を最小限に抑えることができ、ダウンタイムが長引くのを防ぐことができます。

さらに脂肪吸引後の患部には体内に残ったリンパ液や麻酔薬などの水分が集まり、一時的にむくんだ状態になるので、患部を圧迫固定することで水分の排出を促進し、血液循環の妨げを防ぎます。

脂肪吸引直後は体の中に穴が開いた状態となっており、体を動かすたびに患部が刺激しあって痛みが強くなってしまうので、患部を固定することにより皮膚の動きを抑え、痛みを軽減させることが大切になってきます。

脂肪吸引とのダイエット外来が美容外科にあります

美容外科のダイエット外来では、機械を使って脂肪を減らしてリバウンドしにくい身体にし、注射を使い徐々にサイズダウンすることが可能で厚生省認可の食欲や脂肪吸引の抑制剤などの内服薬やサプリメントの処方が可能です。

また体質に合わせた無理のないダイエットを提案して漢方による体質の根本的治療をすることができます。また美容外科のダイエット外来は医師による指導なので安心です。気になる部分だけを細くしたいという場合には脂肪吸引も即効性があり良い方法ですが、肥満体質を改善することでリバウンドしない身体を作ることも大切なことです。

美容整形の脂肪吸引はアフターケアが大切

脂肪吸引とは、気になる部分の脂肪を吸引する美容整形です。人間の脂肪細胞は思春期の頃に数が決まり、それ以降減ることはありませんが、脂肪吸引では脂肪細胞自体を吸い取ってしまうので、一般的なダイエットよりリバウンドの可能性が低いです。

気になる部分の脂肪細胞を吸い取ったあと、その状態を定着させないといけないので、アフターケアが非常に重要です。アフターケアを怠ってしまうと皮膚に凹凸ができてしまうなどのリスクがあります。皮膚をしっかり引き締めることによって、脂肪の少なくなり引き締まった状態を定着させることが大切です。

美容整形の施術である脂肪吸引

美容整形の施術である脂肪の吸引は担当するドクターで、仕上がりが左右される施術方法の一つと言ってもいいでしょう。

最近では医療の発達において、脂肪吸引の機器も大きく進化されていますが医師の技術によって、仕上がりが大きく変化する事は変わっていません。しかしながら、今まで脂肪を除去する事が出来なかった箇所にも施術が可能になり、より多くの脂肪の吸引をすることが可能になっています。

痩身においては、さまざまな方法があげられますが、医療機関の脂肪吸引での施術方法が一番の即効性があり、持続力もあると言えるでしょう。

美容整形の脂肪吸引で欠かせない麻酔について

美容整形の脂肪吸引なら痩身もあっという間に叶えることが可能です。細いカニューレを挿入し皮下脂肪を吸いとっていくものです。そのため麻酔は欠かせないものとなります。

全身麻酔や静脈麻酔、部分麻酔や硬膜外麻酔など、必要に応じて使い分けたり、クリニックよって麻酔に対する考え方も違うため、カウンセリングではどのような麻酔が使われるのか、またメリットだけでなくデメリットについても確認しておくことが大切です。眠っている間に手術が終えられる全身麻酔は、簡単そうですが体にとっては負担となるため、体が麻酔に耐えられるかどうか、慎重に検査が行われます。

脂肪吸引・豊胸についてのコラム

当サイト「医師転職で働き方を選ぶ」へのお問い合わせはこちらから。医師募集や医師求人をあつめた医師転職サービスを利用する人も多い現代で、就職する際に知っておきたい内容などをまとめました。美容外科で行っている脂肪吸引や豊胸といった美容整形についてもご紹介しています。