医療風景

好きな時に受けられる豊胸手術

いつか豊胸手術を受けたいと思っている人は、今すぐに受けるのもいいですが、またしばらくしてから豊胸手術を受けるのもいいでしょう。豊胸手術は決断も必要ですし、心の面において準備しないといけない事もあると思いますので、なかなか決断できない場合には、焦って豊胸手術を行う必要もないでしょう。

もう十分に準備を行ったという時点において豊胸手術を受けるのもいいでしょう。また、5年や10年経つと、新しい手術が受けられる様になっているかもしれませんので、思い切る事ができないのであれば、無理をする必要もないと思われます。美容だけではなくやはり健康の問題もありますので、よく考えて結論を出したいですね。

体質を考慮して豊胸の方法を選択する

手術を利用して豊胸を行いたいと考えているのであれば、ぜひ自分の体質なども考慮しておきましょう。シリコンバッグを中に入れる場合には、目立ちにくい場所を切開する必要があります。

切開をした部分の跡が残りやすいケロイド体質の人はその事も考えておきたいですね。アレルギーなどがある人も注意しておきましょう。

他にもヒアルロン酸を使用した豊胸においても胸の中でしこりとなってしまう人もいる様です。体質によって合う場合もありますが、合わない場合もある様ですので、手術方法をしっかりと選択するなどしてリスクをできるだけ回避する様にしたいですね。

また、豊胸手術を行う前に自分の体質が分かっているという人は医師に相談しておくといいでしょう。手術を行う前に血液検査などは行う場合もある様です。

美容外科で豊胸術を受けると

男性は豊満なバストの女性に魅力を感じるものなので、デート中に彼氏の視線が別の女性に釘付けになり、嫌な気持ちになったことがある人は、美容外科で豊胸術を受けてみてはいかがでしょうか。

もっとも簡単な豊胸術の方法はヒアルロン酸を注入することで、もともと体にある安全な成分を入れて膨らませるだけなので、気軽に受けることが出来ます。

ただしこの方法は長期間は続かないので、本格的に豊胸したいときは、自分の脂肪を吸引して注入したり、バッグを挿入するようにしてください。成功すれば彼氏に喜んでもらえるはずなので、名医のいる美容外科に行くことをおすすめします。

豊胸手術の脂肪注入とシリコン挿入の料金の違い

大阪で豊胸手術を受けるとき、脂肪注入とシリコン注入、その他にヒアルロン酸注入といった豊胸手術を受けることができます。それぞれ手術料金や、豊胸効果の持続期間、手術に必要な期間などが異なっています。脂肪注入とシリコン注入の料金の違いは、シリコン注入の方が費用が安い傾向があります。

シリコン注入は、シリコンを注入する量によっても価格が変わってきます。脂肪を注入するときは、豊胸手術を受ける患者さんから脂肪を抽出するのでその手術費用もかかってきます。そのため脂肪を注入する費用の他に、脂肪吸引費用もかかってくるので、シリコン注入よりは施術費用は高くなります。

最先端の豊胸手術は自分の脂肪を再利用できる

豊胸手術において、自然な大きさと綺麗な胸を手に入れることが重要です。最先端の脂肪吸引機では、自身の気になる部位から吸引した脂肪を胸に注入する方法で、自然な胸を再現することが可能となりました。

元々胸は脂肪の集まりであり、そこに必要な脂肪を注入することで、身体の拒否反応もなく溶け込みます。しかし、注入する脂肪の純度や医師の腕によっては、しこりができてしまう原因となるので、経験豊富な腕の良い医師を選ぶことも大事です。

身体の一部を細くしつつ、胸まで大きくできるとなれば、一石二鳥でより魅力的な身体になります。

ヒアルロン酸注入で豊胸手術を行う特徴

女性にとっては、胸の大きさにコンプレックスを抱く方もいます。綺麗な形の大きい胸になりたいのならば、豊胸手術が確実です。その方法は多種多様で、シリコンを挿入する方法や、ヒアルロン酸を注入する方法など様々です。一番手軽に行えるのがヒアルロン酸注入となり、手術時間やダウンタイムも短時間で済むことがメリットとなります。

しかし、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうので、個人差はありますが二年ほどの効果しかありません。ですが、手術費用も安価なため、片方の胸が小さいなどのバランスが悪い方におすすめの方法となります。

脂肪吸引・豊胸についてのコラム

当サイト「医師転職で働き方を選ぶ」へのお問い合わせはこちらから。医師募集や医師求人をあつめた医師転職サービスを利用する人も多い現代で、就職する際に知っておきたい内容などをまとめました。美容外科で行っている脂肪吸引や豊胸といった美容整形についてもご紹介しています。