医療風景

豊胸手術方法

豊胸とは胸を大きくする技術ですが、いくつかの手術方法があります。
昔からある有名な方法が人口乳腺法というものです。

人工乳腺法は脇下を数センチほどメスで切開して、そこから胸にシリコンや生理食塩水などの豊胸用バックを挿入する方法です。

以前に比べると安全性の高い豊胸バックが開発されており、より安心して豊胸をすることができます。

この方法は一度に大きな胸を作ることができ、理想の胸のサイズを自由に選ぶことができます。

他には、脂肪注入法と呼ばれる方法もあります。

これは、自分の体内の脂肪を吸引し胸に注入するので、自然な胸が作れるようです。しかし、一度に胸を大きくする事は難しく、1カップ程しかバストアップができません。

それぞれメリット・デメリットがありますので、調べた上で自分にあった豊胸手術を選びましょう。

自信をつける豊胸

背が低い人は背が高い人を憧れるように、胸が小さい人は胸が大きい人を憧れます。

体型は人それぞれ違うことが当り前なので、背が低くても胸が小さくてもそれは個性ととらえて良いと思います。

しかし、その個性をコンプレックスと感じてしまう人も多いようです。
コンプレックスにより自信が持てないという場合は深刻な悩みとなるでしょう。

そういったことを改善するために豊胸手術があるのではないでしょうか?
豊胸手術は胸を大きくする手術ですが、単に胸を大きくするだけでなく、自信を取り戻す効果があると思えます。

豊胸手術の定着率について

豊胸手術のメリットを正しく理解するにあたり、経験豊富な美容外科の医師が在籍しているクリニックを選ぶことが大事です。 最近では、患者の定着率の良いクリニックの選び方に関して、しばしば話題となることがありますが、まずは脂肪注入の特徴をじっくりと把握することが望ましいといえます。

豊胸手術の効果の程度は、人それぞれの生活習慣や体質などによって、大きな差が見られることがあるため、まずは適切な知識を身につけることが肝心です。その他、脂肪注入の体験談をチェックすることで、何時でも便利な情報を得ることが可能です。

実績のあるクリニックで豊胸手術を受ける

優れた実績のあるクリニックにおいては、豊胸手術を希望する患者が多く集まることが特徴です。現在のところ、アフターサポートの質の高いクリニックで豊胸にチャレンジをしようとする人が目立っており、経験豊かな美容外科の専門医と念入りに相談をすることが重要です。

豊胸のビフォーアフターに関しては、各美容外科クリニックのカウンセリングの際に、担当者から説明を受けることができるため、比較的若い女性の間でニーズが高まっています。

また、豊胸手術を受ける際の注意点や、月々の治療費用の支払い方などを事前に確認することが肝心です。

豊胸手術後に血管が透ける人もいる?

豊胸手術を受けたあと、血管が透けて見えるようになったという話は時に聞くでしょう。手術の失敗と言う人もいますがそうではありません。思春期に急に胸が大きくなっていく段階でそれが表面に透けてみえてきたという経験をした人も多いと思います。

豊胸手術は脂肪やヒアルロン酸を注入します。乳房の皮膚は非常に薄いもので、注入する時にはいかに美しく形を保つか、血管を破らないように等ということに神経を注ぎます。結果美しい乳房を手に入れることができるのです。透けて見える人もいるかもしれませんが、それはある種避けられないことでもあるのです。

アクアフィリングなどの豊胸手術と美容整形のポイント

アクアフィリングは、身体的なリスクの低い豊胸手術のひとつとして、比較的若い世代の女性から圧倒的な支持が集まっています。

このようなおなじみの美容整形の豊胸施術に挑戦をしたい時には、カウンセリングの仕組みがきちんと整っているクリニックに通院を続けることがポイントと言えます。

一般的に、美容整形の成功率の高さに関しては、信頼のおけるクリニックのウェブサイトなどで度々紹介が行われることがあるため、豊胸手術のカウンセリングを受けるうえで、前もって正しい情報を集めることが良いでしょう。その他、アクアフィリングの施術の経験者のレビューを参考にすることが有効です。

脂肪注入豊胸手術を美容外科で行うと費用は

豊胸手術を行う上で一番気になるのが費用面です。東京でも大阪の美容外科でも施術の内容や病院によって異なってきますが、メジャーな施術である、脂肪注入のコースの場合には移植する脂肪の量によって異なります。

0.5から1カップあげたいという場合には平均38万円くらい、1カップから1.5カップあげたいという場合には平均58万円ほどと言われています。また2カップ以上あげたい場合は100万円以上と言われています。また定着率などもカップ数が多ければ多いほど高くなっていきますので、費用も高くなっています。安ければいいというものではなく自然に綺麗な形を目指すのであればそれ相応の費用を払う方が安心です。

一番手軽に豊胸手術を美容外科で受けるなら

手っとり早く、できる限り手軽に豊胸手術を受けたいという人に東京でも大阪の美容外科でも人気が高いのが「シリコン注入」と呼ばれる施術です。こちらは体にメスを入れるのではなく、注射によってシリコンを胸に中に入れて理想の大きさ・形にするというものです。

入れる量を自分で調整できるので理想の大きさにすることができます。また2週間以上腫れや痛みが続くことがある他の施術方法に比べれると腫れ自体はその日のうちに引くこともあり、痛みも1週間もすれば引くというダウンバックの期間が短いという利点があります。また施術自体もカウンセリングに行ったその日に受けれるのでとにかく早く受けたいという人にピッタリです。

脂肪吸引・豊胸についてのコラム

当サイト「医師転職で働き方を選ぶ」へのお問い合わせはこちらから。医師募集や医師求人をあつめた医師転職サービスを利用する人も多い現代で、就職する際に知っておきたい内容などをまとめました。美容外科で行っている脂肪吸引や豊胸といった美容整形についてもご紹介しています。